患者に寄り添うということ: 250人を超える医者と 患者として向き合ってきた著者が贈る医学生へのメッセージ

\(^▽^)/
アロハ~!
 
しあわせ探検家の晋作です!
ご機嫌いかがですか?
 
このコーナーではウキ億仲間が出版した電子書籍のレビューをしていきます。
 
今回の本はこれです。
藤咲 里花 (著):患者に寄り添うということ: 250人を超える医者と 患者として向き合ってきた著者が贈る医学生へのメッセージ
 
100以上の病気を経験し「病気のデパート」と言われた著者による、前著「命のなまえ」に続く第二弾です。
 
著者は病気を通して命がけで学んだことを、大学で医学部の学生向けに講義をしているそうですが、本書は、その医学生たちからの質問に答えるつもりで書かれた物語です。
 
著者が医学生たちに一番伝えたかったこととは、、、。
 
詳細は本書にゆずりますが、医学生だけでなく、一般の人たちにも知っておいていただきたい内容になっています。前著「命のなまえ」と同様に、やさしさに満ち溢れた一冊です。
 

 
最後まで目を通していただき、ありがとうございます!
あなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きます!
 
マハロ~!
 
 
 
p.s.ブログランキング参加中!ポチッと押していただけるととても励みになります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
 
 
【ウキ億への道】
MOVEコーチング恋愛サイエンス億万長者専門学校1dayスクール
【経済的自由人への道】
オンライン投資スクールクリプトピースプロジェクト

comment closed

ページの先頭へ