筆文字超入門~アートをバリアフリーに~

\(^▽^)/
アロハ~!
 
しあわせ探検家の晋作です!
ご機嫌いかがですか?
 
このコーナーではウキ億仲間が出版した電子書籍のレビューをしていきます。
 
まず第一弾は、僕の本を取り上げます。自分の本なのでレビューというより紹介ですね。Amazonでの本の紹介の部分を転載します。
吉田晋作著:筆文字超入門~アートをバリアフリーに~
 
 パソコンが普及した現代では、筆で文字を書くという機会はあまりないかもしれません。そしてもしかしたら、筆で文字を書くことに抵抗感をお持ちの方もおられるかもしれません。
 
 実は、他ならぬ僕自身がまさしくそうでした。筆文字どころか昔から字が下手で、学生時代には友人たちから歴史の教科書に出てくるような「象形文字みたい」といってからかわれていました。
 
 しかしそんな僕でも、ひょんなことから筆文字を始めることになり、思っていたよりもはるかに簡単に、そして手軽に楽しむことができたのです。そして以前はできないからやらなかっただけで、その気になれば筆で文字を書く機会も意外と多いことに気が付きました。
 
 冠婚葬祭関連から年賀状、手紙、メッセージカードといったことだけでなく、ホームページやブログ、SNSなどでアップしても目を引くし、ポップ書きや商品説明、チラシ・パンフレットなどのビジネス用途・集客ツールとしても使えます。簡単手軽に始められる割には、随分いろんな楽しみ方ができるし、意外と実用的だな、という実感を持っています。
 
 また、これまではまったく縁のなかったアートというものが少し身近に感じられるようになってきました。筆文字を通した何らかの自己表現は、誰が何と言おうと、まぎれもなくアートだと思います。
 
 アートというと、以前の僕と同様に少し敷居が高いように感じてしまう方もおられるかもしれません。確かに、人の魂の奥底を揺さぶるような崇高な芸術作品というものは、一部の天才たちだけにしか生み出し得ないものかもしれません。しかしその一方で、誰もが気軽に楽しめるアートというものがあってもいいはずです。
 
 筆文字は、そんな後者の視点も含んだアートの一つだと思います。さらに本書では、「色文字ごっこ」という遊びを紹介していますが、そこではアート創りへの障壁を極限まで取り払う試みがなされています。アートのバリアフリー化を目指している、と言ってもいいもいいでしょう。
 
 本書では、これから筆文字を始めてみようと思っている方、筆文字を始めて間もない初心者の方を主な対象として、筆文字の楽しみ方を紹介していきます。筆文字は誰でも簡単に始められて、誰でも手軽に楽しめます。およそアートの素養などなく、字も下手だった僕でさえ実際に楽しめています。
 
 もしかしたら、筆文字には魔法の力があるのかもしれません。新しい可能性や楽しみが生まれる魔法です。あなたにもこの魔法を実感していただければとても嬉しいです!
 
 さあ、それでは肩の力を抜いて、楽しみながら筆文字の世界を散策していきましょう!
 
目次
 
はじめに
 
第1章 筆文字のススメ
1.自由に自己表現ができるから
2.唯一無二のものだから
3.人との交流を豊かにできるから
4.実用的だから
5.簡単手軽に楽しめるから
6.自分と向き合うきっかけにできるから
7.和の文化を継承できるから
 
第2章 筆文字超入門
1.道具を準備してみよう
2.線を描いてみよう
3.点を描いてみよう
4.文字を描いてみよう
5.線の太さを変えてみよう
6.字の大きさを変えてみよう
7.書き順を変えてみよう
8.左手で描いてみよう
9.字の形を変えてみよう
10.字のバランスを変えてみよう
11.落款を創ってみよう
 
第3章 色文字ごっこ
1.色文字ごっことは
2.素材を決める
3.文字を創る
4.背景を創る
5.文字を加工する
6.背景を加工する
7 文字と背景を合成する
 
第4章 筆文字をもっと楽しむための法則
1.モデルの法則
2.赤ちゃんの法則
3.化粧の法則
4.ふぞろいの法則
 
おわりに
 

 
最後まで目を通していただき、ありがとうございます!
あなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きます!
 
マハロ~!
 
 
 
p.s.ブログランキング参加中!ポチッと押していただけるととても励みになります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
 
 
【ウキ億への道】
MOVEコーチング恋愛サイエンス億万長者専門学校1dayスクール
【経済的自由人への道】
オンライン投資スクールクリプトピースプロジェクト

comment closed

ページの先頭へ