コーチングとは?

\(^▽^)/
アロハ~!
 
しあわせ探検家の晋作です!
ご機嫌いかがですか?
 
このコーナーではコーチングについて書いていきます。
 
目的は、僕自身が現在コーチングを学んでいる最中で、自分自身の学びを深めたい、ということと、コーチングにとても大きな可能性を感じているので、興味のある方に紹介したい、ということです。
 
僕が今学んでいるのは、スピードコーチングというものです。これは、世界No.1の成功コーチと言われるアンソニー・ロビンズがNLPを進化させて構築したNACというコーチング技術を、さらにアンソニーの日本人一番弟子のクリス岡崎さんが日本人向けにアレンジしたものです。
 
ここでは、必ずしもスピードコーチングに限定せず、一般的なものも含めてコーチングについて書いていきます。
 
まずは、コーチングとは?
 
というところから始めてみたいと思います。
 
コーチ(coach)の語源は「馬車」からきており、馬車の「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という役割から、「人の目標達成を支援する」という意味で使われるようになったそうです。
 
国際コーチ連盟(ICF)によれば、コーチングとは次のように定義されています。
 
「今日の不確実で複雑な環境において特に重要である、創造的で思考的なプロセスの中での、クライアント個人として、そしてプロフェッショナルとしての可能性を最大限に引き出す、クライアントとのパートナーシップである」
 
そして、「コーチは、クライアントを自身の人生と仕事のエキスパートとして尊重し、すべてのクライアントが、創造的で、可能性に満ちており、完全であると信じています」という前提のもとに、コーチの責任を次のように挙げています。
 
・クライアントの本当に達成したいことを発見し、明確にし、それに沿うこと
・クライアントがそれらを自らの手で見つけることをサポートする
・クライアント自身が生み出す解決策と戦略を引き出す
・クライアント自身の主体性と責任の自覚を支える
 
ウィキペディアでは次のように書かれています。
 
「コーチング(coaching)とは、人材開発の技法の一つ。対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術である。相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である」
 
もう一つ、「目からウロコのコーチング」の著者、播摩早苗氏による定義は次の通りです。
 
「コーチングとは相手の優れた能力を引き出しながら、前進をサポートし、自発的に行動することを促すコミュニケーションスキル」
 
いろいろな表現があるようですが、播摩早苗氏によれば、「これらの表現はすべて一つの幹から出ている枝であり、もとをただせば同じ理論を説明している」とのことです。
 
ここでは、とりあえずコーチングを次のような感じで捉えておきます。
 
「クライエントの無限の可能性を信じ、支援的関わりを通じて自己実現をサポートすること」
 
最後まで目を通していただき、ありがとうございます!
あなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きます!
 
マハロ~!
 
 
 
p.s.ブログランキング参加中!ポチッと押していただけるととても励みになります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
 
 
【ウキ億への道】
MOVEコーチング恋愛サイエンス億万長者専門学校1dayスクール
【経済的自由人への道】
オンライン投資スクールビットフライヤークリプトピースプロジェクト

ページの先頭へ